“2022年オープン予定”「道の駅 常総(仮称)」

“2022年オープン予定”「道の駅 常総(仮称)」

2019年5月25日
建築

概要

道の駅「常総(仮称)」は茨城県常総市に建設中の道の駅。名称は未定。2022年の開業を目指しています。2020年7月現在、道の駅建設区域を含めた既存農地エリアを順次開発、建物の設計はプロポーザル方式により公募・選定し、夏以降に作業が本格化する見込みです。

2020年8月公募型プロポーザル方式により「AIS・須藤隆・景観設計共同企業体」が基本設計・実施設計業務を受注することが決定。

AIS総合設計は宇都宮を本拠とする総合設計事務所で、「道の駅しもつけ」や「道の駅ばとう」などの設計実績があります。須藤隆建築設計事務所は土浦市内の建築設計事務所。景観設計はランドスケープや外構をメインとした設計コンサルタントです。

建設場所は常総市内の国道294号に面し、田園風景が広がる筑波山も望めるビューポイントになります。

また、国道と交差する圏央道の常総ICも隣接し、道路交通上、非常に利便性の高いエリアとなります。

同じく294号線には「道の駅 下妻」があるものの、茨城の道の駅は北関東(群馬、栃木)の中では数が少なく、立地的に県北や県西、鹿行(県南東)に集中しています。

特徴

常総市が進める「アグリサイエンスバレー構想」の目玉となり、交通アクセスの良さを活かした農業と産業の交流ゾーンの拠点としての機能が期待されています。平成27年の常総市鬼怒川水害からの復興や災害対策機能の強化も大きな役割の一つとなるようです。

単なる農産物販売所や休憩施設としての機能に留まらず、競合となりうる既存の「道の駅 下妻」や2019年に常総より先行してオープンした「道の駅 グランテラス筑西」との差別化を図りつつ、地域ニーズの高い新たな道の駅の誕生が期待されます。

"2019.7.11オープン"「道の駅 グランテラス筑西」

概要 道の駅「グランテラス筑西」は茨城県筑西市に2019年7月11日(木)12時…
iskaa.net

道の駅の指定管理者は公募により株式会社TTCに決定、同社は神奈川・南足柄の道の駅「金太郎のふるさと」、や静岡・伊豆の道の駅「伊豆月ヶ瀬」などの指定管理者も務めています。

"2019年12月14日オープン"道の駅 伊豆月ヶ瀬

概要 「道の駅 伊豆月ヶ瀬」は静岡県伊豆市に整備中の道の駅。2019年12月14…
iskaa.net

"2020年(令和2年)6.26オープン "南足柄市 道の駅 金太郎のふる里

延期後の開業日 2020年4月24日にオープンが予定されていましたが、新型コロナ…
iskaa.net

近隣の新道の駅

茨城県内には道の駅の新設や増築計画が多数進められています。前述の「グランテラス筑西」はオープン済み。「道の駅笠間(仮称)」は笠間市に計画中で2021年秋のオープンを目指しており、「道の駅龍ヶ崎(仮称)」は龍ケ崎市の牛久沼沿いに計画中となっています。

"2021年秋オープン予定"「道の駅 笠間(仮称)」

設計等 2020年夏現在、設計が完了し工事施工者が入札により決定。2021年(令…
iskaa.net

"2020年度以降オープン予定"「道の駅 龍ヶ崎(仮称)」

概要 2020年8月20日付の市の公表によれば「敷地内の旧レジャー施設の埋設物調…
iskaa.net