“隈研吾設計”飯山市文化交流館なちゅら

概要

長野県飯山市にあるホール兼市民文化施設。旧市民会館の老朽化や利用状況の改善を目的として、また、2015年に延長した北陸新幹線・新飯山駅の開業にともなう駅前の活性化のとしての役割も期待され、2016年にオープン。

飯山は縦に長い長野県の最北に位置。新潟県に接する「北信州」エリアになります。市内には戸狩温泉があり、西には斑尾山、東には野沢温泉と北信エリアにある国際的な観光スポットの玄関口でもあります。

設計と施工会社

設計は隈研吾建築都市設計事務所。文化・芸術と交流・賑わい機能という二つの要件が求められた公募型プロポーザル方式で最優秀賞に選定されました。次点は梓設計。

内部空間の自由度の確保や冬季の厳しい気候風土対応、対災害機能などの条件をクリアしつつ、木や和紙といった地場産材の使用や内外の表裏がなく、風土的親和性が得られやすい点などが評価されました。

隈事務所は外観のデザインが先行したイメージが強いですが、必要条件の取り込み方や地場産材の使い方、柔軟な利用形態など設計プロポーザルに対して合理的かつ斬新なアプローチで攻められる強さを持っています。

施工は清水建設JV。

建築の特徴

約500席の大ホール、170席の小ホール、多目的ホール、複数の小ルームからなり、コンサートや地域のピアノ演奏会などに幅広く対応。

ホールの楽屋はルームとして地域活動の場としても活用でき、ナカミチと呼ばれる通路自体も展示スペースとして貸与しています。

ホールの大小だけではなく、多目的で余すところなくスペースを活用している点で施設全体がフレキシブルと感じられる建物です。

外観には長野産のカラマツが多様され、地産地消が実践され、大ホールは非常に耐久性のあるコールテン鋼が仕上げ材として用いられています。

カラマツの親和性は言うに及びませんが、サビ色のコールテン鋼も地域の山に呼応するデザインです。

多面な形態と親和性のある素材の組み合わせで全体の外観をまとめつつ、内部はカラマツやヒノキの集成材を使用。

広さのある路地は3つの出入口を明快に繋ぎ、分かりやすいプランニングとなっています。建物内に外部から引き込まれる通路を確保することで街の中の経由地として人々を取り込み、賑わいを生み出すというコンセプトが見てとれます。

地場産材のカラマツをランダムなピッチで張り付けている。
エントランス。
エントランスから駐車場側の入口がみえる。
木を使った温かみのあるサイン。
カフェよりエントランス方向。
大ホール側の出口をみる。
大ホールの席表示。芸が細かい。
駐車場側のエントランスから
木材とコールテン鋼を組み合わせた外観。
大ホールはコールテン鋼で覆われている。
コールテンの表情。サビ自体が強い耐久層となる。

館名板。こちらもコールテンだろう。

アクセス、見学

JR飯山線飯山駅、北陸新幹線飯山駅より徒歩2分程度。駐車場あり。見学は開館時間であればホールなどを除いて可能。