“隈研吾設計”JR湯河原駅前広場

概要

神奈川県湯河原町のJR湯河原駅前の広場。湯河原は古くからの温泉場として知られ、夏目漱石や国木田独歩の小説の舞台となるなど明治以降の文豪に親しまれた歴史を持ちます。

立地的に箱根と熱海という国内外を代表する温泉場に挟まれながらも、純和風旅館を中心とした情緒ある趣と静けさが古くからの温泉ファンを惹きつけてきました。

湯河原は箱根に続く国道沿いに旅館群が伸びて行き、奥へ行くほど自然や静けさが増していくそんな魅力を持った温泉街です。

JR湯河原駅はその街の玄関口でありましたが、どこか旅情感に乏しく、使い勝手も良くない状況の改善や温泉ブランド向上の観点から新たな広場の整備が計画されました。

隈研吾建築都市設計事務所により基本計画がまとめられ、2017年に完成。

設計と施工会社

設計は隈研吾建築都市設計事務所。

湯河原は純和風旅館を多く抱えるなど熱海と比較して和のイメージとなる要素が多くあり、新たな和建築の路線に重きをおく隈研吾事務所とマッチングしたのでしょう。

隈研吾事務所はこれまで駅舎としては「JR宝積寺駅」や「京王高尾山口」などを設計。現在は山手線の新駅「高輪ゲートウェイ駅」が建設中でいずれも注目度の高い作品を手掛けています。

施工は駅舎や線路など電車に関するインフラを得意とする「東鉄工業」が担当。

建築の特徴

以前の駅前の分析から、「温泉街の駅という顔に魅力に感じられない」、「庇はあるものの暗く、乗降時に雨に濡れてしまう」などのマイナスイメージがありました。

そのソリューションとして「明るい大屋根」、「温泉街の魅力を伝えるツール」などを盛り込んだ案として、「ガラスの外皮を透過した中に内皮として木を見せる大屋根」、「手湯という目新しい温泉ツール」が提案されました。

この屋根のデザインは馬頭町広重美術館のエントランスで使われている手法をアレンジしたものと基本計画に説明がありました。ルーバーの間隔などは異なりますが確かに同じ路線です。

駅の改札や駅前に高い天井の空間があることによって、移動してきた人あるいは移動する人の受け止められる空間、駅と街のフィルターとしての役割を持たせることが可能になります。

これまでの駅の課題を解決するともに場の特性を取り込み新たな付加価値を与える注目の駅です。

鉄骨造にガラスが葺かれた屋根から、ふところ深く木のルーバーが配列される。駅前広場の建築だが事実上、駅舎である。
下呂温泉などに実例があるようだが足湯全盛のなかにあっては珍しい。角材の中に配管を通してあり温泉が滴る。

 

木のピッチは広め、板材を縦張りしている。サインも独立したデザインではなく屋根と呼応している。
改札。板張りのバックグラウンドに大きな明朝系のフォントをレイアウト。
角材で構成された案内図。昼間は反射が強いのでやや見にくい。白黒反転の方が良かったでしょうか。

アクセス、見学

JR東海道線湯河原駅下車。小田原駅より15分程度。東京駅から90分程度。オススメは「踊り子号」か「東海道線グリーン車」でゆったりと相模湾の風景を見ながら行くことです。

駅前には駐車場も整備されました。30分100円で最初の15分は無料です。