隈研吾設計”広沢新美術館”

隈研吾設計”広沢新美術館”

2019年7月3日
建築

概要

茨城県筑西市(旧下館市)にあるテーマパーク「ヒロサワシティ」に隈研吾さんが設計する「広沢新美術館」が建設済。正式オープンは未定。2020年12月まで隈研吾建築模型展を開催中。

外観は石に覆われているため、建築らしさを感じられるポイントは限られている。

 

ヒロサワシティはゴルフ場や菜園、農園、バーベキュー場などの屋外施設を中心としたレジャー施設で、このうち「レールパーク」は新幹線や蒸気機関車などの引退車両を買い取り展示していることで有名。

丸山海苔店 つくば工場店

概要 老舗海苔店「丸山海苔店」のつくば工場にある事務所兼店舗。 設計 茨城県つく…
iskaa.net

建築のテーマは「石」。三角形の各辺を少し伸ばしたような平面形で、展示空間は三角形の一筆書きの動線で明快なプランとなっています。

外部はほぼ天然石を積み上げた石積みの姿を見せ、頂点の窓や開口部のみ外部と接している比較的閉じた建築です。

圧巻なのは建築周囲の枯山水風の庭園で、こちらも石が多用されており、主役は庭で石積み建築も庭園の景観要素、という見方もできます。

石の上部から屋根のラインが僅かに見える。

隈研吾さんと「石」と言えば栃木県の「那須芦野・石の美術館STONEPLAZA」が既作品としてあります。こちらの美術館は石を素材とした建築で、展示物も国内外の石の展示を行っている美術館です。

道の駅さかい "隈研吾設計 レストラン「茶蔵」"

概要 「道の駅さかい」は茨城県境町にある道の駅。利根川沿いにあり古くより海運で栄…
iskaa.net

石を積み上げて建築自体が石に覆われている外観は、2000年代によく見せていた作風「消える建築」のリバイバルとも見えます。

ゴルフ場も敷地内にあり、芝の成育・管理も一流。

筑西市にも隣接する桜川市は「稲田石」や「真壁石」などの国内を代表する石の産地として有名です。

街路、芝、植栽、石、屋根、緑地と多層的な外観を見せる。このうち建築部分は屋根の一部だけ。

隈研吾設計"境町研究開発施設S-Lab"2020年完成

概要 茨城県境町にワインや干し芋を特産物とするための研究開発施設「S-Lab」が…
iskaa.net

茨城県内の隈建築は道の駅さかい「さかい河岸レストラン茶蔵」、県南総合防災センター(取手)、丸山海苔店(つくば)に次ぐ作品となります。このほか境町では特産品研究開発施設「S-Lab」、シュクサンポウ美術館「S-gallerry」、「モンテネグロ会館」と隈作品が続々誕生しています。

隈研吾設計"境町 粛粲宝(しゅくさんぽう)美術館S-gallery"2020年9月オープン

概要 茨城県境町に隈研吾建築都市設計事務所設計の粛粲宝(しゅくさんぽう)美術館「…
iskaa.net