“吉村靖孝設計”予科練平和記念館

“吉村靖孝設計”予科練平和記念館

2019年1月20日
建築

概要

予科練平和記念館は茨城県阿見町にある予科練(旧海軍の飛行訓練施設)展示施設。阿見町は現在も土浦駐屯地や霞ヶ浦駐屯地があり古くから軍の街としての歴史があります。その阿見町の霞ヶ浦と駐屯地を望む土地に予科練に関する展示施設が2018年にオープンしました。

茨城県有名建築10選(2010-2020)

茨城県有名建築10選(2010-2020) 茨城の有名建築と言えばかつては「つく…
iskaa.net

設計と施工業者

建築設計は吉村靖孝氏。吉村氏は早稲田大学建築学科の教授を務めながら、建築設計事務所を運営するプロフェッサーアーキテクトとして活動しています。代表作品は「ベイサイドマリーナホテル」(横浜市)、「ナカガワオフィスアネックス」などがあります。世界的に著名なオランダの設計事務所「MVRDV」に在籍していたことでも知られています。

"MVRDV設計"まつだい雪国農耕文化村センター農舞台

概要 まつだい雪国農耕文化村センター農舞台は新潟県十日町松代にある現代美術を収蔵…
iskaa.net

"MVRDV"GYRE

概要 GYREは東京原宿・表参道にあるにある商業施設、飲食施設。JR原宿駅(=明…
iskaa.net

展示設計は乃村工藝社、施工は松浦建設。、乃村工藝社は展示を専門とする国内最大のコンサルタントです。

建物の特徴

建物は「亜鉛めっき鋼板」の直仕上げが印象的な外観。戦闘機の持つ金属的なイメージとリンクします。一つの面に対して市松調に開口や凹みをレイアウトし、白のパネルも用いながら閉鎖的になりすぎない立面を作り出しています。やや重めの素材を規則的なパターンによって軽快さを表現しています。

溶融亜鉛メッキはいわゆる「どぶ浸け」という方法により金属表面に耐久性の高いコーティングを作る方法です。亜鉛が溶かされた釜に材料を浸けて、金属の上に皮膜を作ります。機械的なプリント材料とは違って1枚ごとに違った表面を作り、経年の風化によって表面の味わいが変化していきます。

建物内の開口部を透過した光が外部に陰影を作り出している。

全体形状は正方形でこの中に7つのボックスを展示スペースとして構成。ボックスごとにテーマを持たせて動線に従いボックス内外を繰り返しながら「入隊」〜「特効」までストーリーが組まれています。

市松に設けられた窓からは多方面に空が見え、飛行隊に関わる展示と空を交互に眺め、当時の隊員の想いを来館者がそれぞれに感じることができる空間だと感じます。

昭和20年時点の基地のレイアウト展示。基地の密度を見れば日本が当時、空の戦いを重視していたことが伝わってくる。
屋外展示の目玉が零戦の模型。今にも動き出しそうなほどキレイな機体。

アクセス

車の場合は常磐道桜土浦インターから車で15分ほど。