“隈研吾”一行院

“隈研吾”一行院

2020年12月29日
建築

概要

一行院千日谷会堂(正式名:永固山一行院千日寺)は東京都信濃町にある浄土宗の寺院。江戸初期の譜代大名永井直勝が屋敷内に一行院を設立したのが起源とされています。

昭和37年に首都高速の建設に伴う区画整理により、鉄筋コンクリート造に建て替えられましたが、約60年が経過し老朽化と耐震性不足から現在の施設に建て替えられました。

設計

基本設計・監修は「隈研吾建築都市設計事務所」、基本・実施設計・施工は「竹中工務店」、内装(本堂)は朱雀都市建築研究所が担当。隈研吾事務所による寺社に関わる建築では「赤城神社(新宿区)」、「瑞聖寺庫裡(港区)」などがあり、2019年には明治神宮内に「明治神宮ミュージアム」が建築されました。和をテーマとする建築では「根津美術館」、「那須歴史探訪館」、「那珂川町馬頭広重美術館」、「歌舞伎座タワー」など。都内の最新作としては「JR高輪ゲートウェイ駅」、「スターバックリザーブ®︎スロースタリー東京」などがあります。

社寺建築では建て替え自体が稀で、建て替えの必要性が生じても歴史や伝統、宗派などを重んじることや文化的価値などから伝統的建築による様式建築が大半ですが、都心を中心に伝統を大事にしながらも現代的な社寺建築も登場しつつあるように思います。

特に隈研吾氏の作風においては、和の現代的なデザインによって新たな境地を導き出しており、社寺の伝統とも相性が良いことから複数の社寺建築の仕事に繋がっているように思います。

隈研吾氏以外では都内では新宿瑠璃光院白蓮華堂(竹山聖+アモルフ)、深川不動堂 翼殿(玉置順/玉置アトリエ)、神田神社文化交流館(KAJIMA DESIGN)など新たなが新たな展開を見せています。

"隈研吾設計"明治神宮ミュージアム

概要 明治神宮ミュージアムは鎮座100年として建てられた明治神宮の展示施設。20…
iskaa.net

"隈研吾設計"根津美術館

概要 根津美術舘は東京都港区南青山にある美術館。2009年に新たに建替えオープン…
iskaa.net

"隈研吾設計"那珂川町馬頭広重美術館

概要 那珂川町馬頭広重美術館は青木藤作より寄贈された歌川広重コレクションを中心に…
iskaa.net

建築の特徴

建築はアルミの特注丸瓦により大きな片流れの屋根を持ち、エントランスは大きく伸びた庇の下に杉板を大和貼りとし、シンプルな形状がより素材の風合いを引き出し、メリハリのある印影を屋根や立面に落としています。

寺院は都会的な屋内形式となっており、本堂を含めて室内での参拝が主となっています。屋内も杉板張りと左官仕上げによる現代的な意匠が取り入れられています。

納骨堂は自動搬送設備によって管理されているのも特徴で、前建物においてもロッカー形式の納骨が早くから取り入れられ、都会における寺院の在り方を示しています。

一行院のアプローチ。アルミの丸瓦の屋根に影が落ちる。右側には納骨堂がある。

アクセス

JR信濃町駅より徒歩1分。