マリオットと積水ハウス「道の駅ホテル」を2020年秋より展開!

概要

マリオットグループと積水ハウスは既存の道の駅および国内自治体と連携し「Trip Base 道の駅プロジェクト」を展開する方針を発表。道の駅に新たなロードサイド型ホテルを開業させます。これまで休憩場所としての通過点であった道の駅をホテルという滞在シーンを用意し新たな観光拠点づくりを加速させる方針。

これまで国内ロードサイド型のホテルチェーンといえば高速IC付近を中心とした「ルートインホテルズ」や4人で1万円で提供する「旅籠屋(はたごや)」が有名ですが、これまである意味「空白」だった道の駅やその周辺地域を活用したホテルにマリオットと積水ハウスが参入します。

ターゲットはインバウンド需要の地方への取り込みや国内の新たな旅のスタイルの提供するとしています。

栃木県内の道の駅ホテルの開業予定地は3拠点

まずは2020年以降に5府県(栃木県、岐阜県、三重、京都、和歌山)15拠点を1000室規模で展開すると発表しています。このうち北関東からは「栃木県」がピックアップされており、以下の3拠点が公表されています。関西〜中部エリアが中心のなか、関東では唯一「栃木県」の3拠点が選定されたのは大きい意味を持つと思います。

一つの県に2〜4箇所の道の駅を選定したのは、道の駅どうしのネットワーク(つながり)も考えたコンセプトであることやホテル経営の効率化といった側面もあるだろうと考えられます。

出典:積水ハウス、マリオットグループプレス資料。関西中心の構成ながらも栃木県には3拠点展開。

1.道の駅「うつのみやロマンティック村」

「うつのみやロマンティック村」は46haの敷地に「滞在体験型ファームパーク」としてプールや温泉、農産物販売など農業テーマパークとして確立されています。気になるのは日帰り温泉にホテル「ヴィラ・デ・アグリ」が既に併設されています。客室が10と少ないので、不足に対する拡大の意味を持つのでしょうか。

新ホテルは室数87。道の駅内の施設である「湯処あぐり」や「レストラン」を活用するとすれば、これらの建物群に隣接した場所への建設となるだろうと想定されます。現時点では道の駅からの公表はまだありません。

宇都宮中心部からは車で25分程度、日光中心部も25分程度と同程度の距離感です。

2.道の駅「もてぎ」

「もてぎ」もロマンテック村ほどの規模ではないものの「SL観光」を中心とした観光ツールや、特に「ゆず塩ラーメン」やとちおとめを使ったソフトクリーム「おとめミルク」など「食」では全国屈指の集客力を誇る道の駅です。

近くには「ツインリンクもてぎ」があります。サーキットを中心に遊園地や温浴施設、宿泊施設などを完備する総合レジャー施設です。

3.道の駅「日光市?」

3つ目の「日光」は実は施設名が公表されていません。所在地は「日光市」とあることから対象は「道の駅日光」か「湯西川」のいずれかということになります。「道の駅日光」は開業から日は浅いものの、じゃらんの道の駅ランキング(東北、関東)で2018年に1位を獲得しているほどの道の駅です。もともと日光という位置的なアドバンテージもあり、道の駅の影響で慢性的に周辺が混雑しているぐらい集客しています。

「道の駅湯西川」は山間部の道の駅で五十里湖畔の会津鬼怒川線「湯西川温泉駅」に隣接し湯西川温泉の入口に位置しています。現在の道の駅の建物は湖畔と山の間のわずかな場所に建てられているため、建てる場所がない気がします。日光も市街地で十分な場所がないのは確かなのですが、立地的な周辺地域へのネットワークを考慮すれば「日光」ということになるでしょう。上の地図にも勝手にマーカーしてしまいました、、、

2019.6発表の資料によると「近接道の駅なし」=「道の駅ではない」、との付記がありました。こうなると一体どこへ?ということになりますが、日光市は栃木県の1/4の面積を占めるほど大きくその特定は困難です。逆の見方をすれば、道の駅併設でなくてもニーズがあるような場所、ということではないでしょうか。

今回のプロジェクトは「ファーストステージ」として位置付けているようですので、開業後の実績や全国の道の駅のニーズなどをもとに新たな展開も試みることでしょう。なんとか「茨城」にも展開をお願いしたい(^^ものです。

ホテルのグレード、価格帯

ホテルはマリオットグループがアメリカ本土で広く展開する「フェアフィールド・バイ・マリオット」と積水ハウスが主体となって運営をするようです。

ホテルの価格帯は一泊二日で1万円代を想定しているようです。同じくマリオットグループは栃木県内の日光中禅寺湖畔に「ザ・リッツ・カールトン日光」を建設中です。こちらはハイエンドユーザー向けのホテルで価格帯も6万円〜となっていることを考えれば、割安感のあるホテルと言えます。

ホテルはイメージが公表されていますが、積水ハウスとの共同ということになれば同社の賃貸共同住宅シリーズ「シャーメゾン」を軸とした作りになると想定されます。共同住宅とホテルというのは実は建物のつくりとしては似通っています。個室が連なる構造や耐火仕様などの構成がほぼ同様だからです。工場生産を主とした生産方法も工程も早いため優位に働くと思います。

今回の開発で難しいのは道の駅の多くは自然地域にあることや、もともと国や地方公共団体が主体となって開発されてきた公共性の高い場所であるということが経緯としてあることです。公式コメントにもあるように民間企業主体と言いつつも法制度面では国や地方公共団体のバックアップが必要と考えられます。

2020年秋開業が楽しみです。