つくばカピオ

概要

つくば市竹園にあるスポーツアリーナ、ホールを有する多目的ホール。アリーナはバスケットボール、バレーボール等の大会にも対応し、ホールは音楽や舞台などにも対応し400人弱の人数を収容できる。

設計

設計は谷口吉生。日本を代表する建築家の一人。送り出した作品数は多くはないものの徹底した作品主義で知られており、同時並行では2件までしか仕事を受けないと日経の私の履歴書で語っている。

つくば中心部は有名な現代建築が豊富と言われます。つくばセンタービル(磯崎新)つくば南駐車場(伊藤豊雄)、つくば市立竹園西小学校(原広司)など著名な建築家の作品が並ぶ中で、特にその価値を高めているのがこの「つくばカピオ」であることは間違いありません。

http://iskaa.net/architecture/tsukuba-central-building


谷口吉生は谷口吉郎という建築家「モダニズムの巨匠」の子で、いわゆる二世建築家にあたります。政治家や実業家は二世が多いですが建築家の二世が大成するケースは実は非常に珍しいと言われています。それだけ感性に左右される仕事であることを示していると思います。慶応大学で建築とは直接関係のない機械工学を学びながら、卒業間際に父と同じ建築の道へ進むことを一転決意し丹下健三などの下で腕を磨いています。

建築の特徴

深い庇の「門構え」は設計者の専売特許で「東京国立博物館法隆寺博物館」や「ニューヨーク近代美術館新館」、「丸亀市猪熊弦一郎現代美術館」に通づる意匠を持っています。この建物はイベントホールですが、大イベント時にはこの庇下を含めた外部スペースも活用されている点は他の作品の用途からすると異なる点ではないでしょうか。

「直線」や「面」といった幾何学の基本要素を組み合わせだけながらも、その構成の仕方が真似できそうで真似出来ないのが谷口吉生の建築です。トップライトやスリットなど光を取り込む操作も見られますが過剰でも不足でもない絶妙なバランスが保たれていると感じられます。

深い庇を持つ。この庇下のスペースは「まつりつくば」を代表とする大型イベントでも雨がかからない半屋外スペースとして活用されている。2階から外部に伸びる階段も全体のデザインを整えるだけではなく少し離した所に降ろすことで人の滞留を防いでいるのではないかと思えてくる。右奥に見える建物は伊藤豊雄のつくば南駐車場
柱の感覚、外壁のパネルやガラスの割付も建物の美しさを際立てている。
カフェなどが入る低層部分。建物本体に置かずに間をとって配置することでホールを利用しない客の利用が促されている。

近年付近にマンションが立ち並んできていますが、全面にある大清水公園が確保されている限り決して埋もれることはないでしょう。

アクセス、開館時間

つくばエクスプレスつくば駅より徒歩約10分。ロビーまでは出入りは可能です。アリーナやホールはイベント時のみ立ち入り可能。無料イベントも豊富なので「つくばカピオ」の公式HPで確認できます。

伊東豊雄設計の「つくば南3駐車場」はすぐ隣になります。