“クラインダイサム+TAISEI”「GINZA PLACE」透かし彫りで表現された美しさ

“クラインダイサム+TAISEI”「GINZA PLACE」透かし彫りで表現された美しさ

2021年4月9日
建築

概要

「GINZA PLACE」は東京都中央区銀座にある商業施設を中心とした複合施設。昭和初期より「サッポロビール」の前身である麦酒会社が当地でカフェを運営、その後建てられた「サッポロ銀座ビル」は約45年の幕を下ろし、2016年に「GINZA PLACE」として建て替えられました。現在はサッポロの子会社と呉服の老舗つゞれ屋がオーナーとなっています。

設計

建物の設計は国内で活躍する外国人設計建築ユニット「クラインダイサム」と銀座に多くの実績を持つ「大成建設設計本部」の共同設計。クラインダイサムは国内の建築設計事務所を経て、現在国内外で活動するマルチリンガル建築設計事務所。蔦屋書店や星野リゾートなどの物件を中心に手掛けているほか、「柏の葉 T-SITE」(千葉県柏市)、「トマム・ザ・タワー」(北海道占冠村)、「リゾナーレ那須POKOPOKO」(栃木県那須町)などの作品で知られています。

"クライン・ダイサム外観リファイン"星野リゾートトマム・ザ・タワー

概要 北海道夕張郡占冠村トマムにあるリゾートツインタワー。1987年にタワーⅠ、…
iskaa.net

"クライン ダイサム設計"リゾナーレ那須 POKOPOKO

概要 栃木県那須町に2019年オープンした「アグリツーリズモ」ホテル。旧二期倶楽…
iskaa.net

"葉のウォール クラインダイサム"柏の葉T-SITE 蔦屋書店

概要 「柏の葉 T-SITE」はつくばエクスプレス柏の葉キャンパス駅近くに201…
iskaa.net

「大成建設設計本部」はゼネコンとして施工を中心としながらも、高い技術力に裏打ちされた設計部門を保有しており、新潟県燕三条市の「Snow Peak Headquaters」などの自社設計・施工物件などのほか、銀座エリアでは「ミキモト2」(伊東豊雄氏と共同設計)、「La・La・Grande GINZA」など多数の実績があります。

建築の特徴

外観は「透かし彫り」を意味する「FRETWORK」をテーマに伝統と先進性を帯びた外観を表現しています。浮かし彫りは木工や金属加工などの伝統工芸として用いられる技法で、日本では建具や欄間の飾りとして用いられることがあります。

これを外観として応用するべく、菱形を基本形としたアルミニウムパネルを編み込むように組み上げ、上下方向に伸縮させたように網目の形状がグラデーション的に変化、白の粉体塗装により際立った「白」で洗練した印象を与えています。外面は透かし彫りによって立体化され、深みと複雑な印象を銀座の超一等地の交差点という立地から、シンボリックなランドマークとして視認性の高い外観となり、夜間には照明透過装置としてさらに存在感を高めています。

クラインダイサムはこれまでも穴あき外壁パネルを使用した建築を生み出してきました。「柏の葉 T-SITE」(千葉県柏市)では、鋼板に木の葉を象ったパネルを浮かし貼りによって取り付け、緑の下地に葉形の印影を落とすという技法を見せています。

昔の銀座の高さ規制である「100尺=30m」の継承として、その高さにスリット状にテラスを設け、また銀座4丁目交差点という人通りの多い低層部はガラス張りとして周囲に対する親和性を作りだしています。

透かし彫りの外装を見にまとったGINZAPLACE。伝統と先進は言葉負けしていない。

コンテンツ

本施設にはオーナーである「サッポロ」銘柄である「サッポロ生ビール黒ラベル THE BAR」、「銀座ライオン」のほか、複数のレストランが入居しています。レストラン以外では「SONY」や「NISSAN」のショールームなどがあり、地下では東京メトロ銀座駅と直結され交通利便性の高い施設となっています。

「NISSAN CLOSSING」は「ニッサン インテリジェント モビリティ」の発信拠点として、最新の電気自動車の展示やニッサンのアイテムの販売、CLOSSING CAFEではニッサン車のアキアートが楽しめるカフェとなっています。内装は「丹青社」が手掛けており様々な映像プログラムが仕掛けられています。