“クライン・ダイサム外観リファイン”星野リゾートトマム・ザ・タワー

“クライン・ダイサム外観リファイン”星野リゾートトマム・ザ・タワー

2020年10月1日
建築

概要

北海道夕張郡占冠村トマムにあるリゾートツインタワー。1987年にタワーⅠ、1989年にタワーⅡが建設されました。当時はアルファリゾートトマムとして運営開始、2004年から星野リゾートが参入しています。現在では「星野リゾートトマム」として北海道有数のリゾートビレッジとして運営。

トマム・ザ・タワーⅠ・Ⅱ

トマム・ザ・タワーは高さ121mとリゾートホテルとしては異質の高さを誇っています。当時何もなかった占冠村の原野に超高層ビルが2つ林立する様相は驚きをもって迎えられました。オープン当時の外壁はレンガ調のタイル貼りでしたが、冬季にはマイナス30度を下回る環境は凍害による外壁の劣化を進行させ、膨大な暖房負荷と合わせて、その補修費は経営リスクとして孕んでいました。2008年になり星野リゾートが外壁改修を進めることなりました。

トマム・ザ・タワー1(左)、タワー2(右)。

クライン・ダイサムアーキテクツによる外壁リファイン

外壁の改修デザインはクライン・ダイサムアーキテクツ(KDa)が担当。KDaはマーククラインとアストリッドクラインによる建築ユニットでここに久山幸成が加わり、東京に拠点を置きながら国内外で活躍しています。

KDaは国内では代官山T-siteや柏の葉T-siteなど話題性の高い商業施設を設計して注目される一方、「リゾナーレ熱海」のラウンジなど星野リゾートの仕事も数多く手がけていました。

柏の葉T-SITE 蔦屋書店

概要 「柏の葉 T-SITE」はつくばエクスプレス柏の葉キャンパス駅近くに201…
iskaa.net

2019年には「星野リゾート那須 POKO PO KO」の新築を設計。

"クライン ダイサム設計"リゾナーレ那須 POKOPOKO

概要 栃木県那須町に2019年オープンした「アグリツーリズモ」ホテル。旧二期倶楽…
iskaa.net

 

彩色されたタワーの外壁には「緑豊かな夏(タワー1)」、「雪深い冬(タワー2)」というそれぞれの季節において同系色のカラーリングによって、その姿をなるべく感じさせないようなモノトーンの世界観を表現したかった、とのこと。

タワー1を見ると「深緑」、「黄緑」、「グレー」、「赤」が用いられ足元は「深緑」をベースとして、徐に「黄緑」、「グレー」へとグラデーションしていきます。「赤」はアクセントカラーとして散りばめています。空に近づくほどグレーとなり、徐々に「空色」に近づいていく手法に設計者の意図を感じます。

タワー2は「こげ茶」、「薄茶」、「グレー」、「赤」でタワー1とパターンは同じ。茶と緑で対色としながらも2つのパターンを合わせることで調和を図っているように見えます。

星野リゾートトマム

「水の教会」があるのは北海道夕張郡占冠村にあるリゾートヴィレッジ「星野リゾートトマム」です。冬は幅広いスノーアクティビティ、夏はグリーンやウォーターアクティビティなど年間通して楽しめる場所です。

最近ではスノーゴンドラによりトマム山山頂から眺める「雲海テラス」で有名。冬にはマイナス30度にもなる低温環境を活かした「氷のホテル」なども話題を呼んでいます。

ホテル棟は全室スイート仕様の「リゾナーレトマム」、色々な室構成のある「ザ・タワー」があり、どちらも120mある超高層仕様。眺めは抜群で日によっては高層階から雲海が見られることもあります。

リゾート内にある「水の教会」は安藤忠雄氏が設計した教会。トマムの自然の中にありながらも、その建築によってまた違った風景を作り出しています。

"安藤忠雄"星野リゾートトマム"水の教会"

概要 「水の教会」は北海道夕張郡占冠村トマムにある星野リゾートトマム内にある教会…
iskaa.net