洞峰公園

概要

茨城県つくば市にある県営総合公園。緑豊かな森林の中にプールや体育館、テニスコート、野球場、サッカー場などの公共スポーツ施設や小規模のアスレチック、遊具そして林間のウォーキング、ランニングコースを備える「公園の街」つくばを代表する大型都市公園。

豊富な緑が洞峰沼を囲う。ランニングコースもこの景観の中ある。

公園施設

ジョギングコース

20haという広さの中に公園内の洞峰沼を周回できるジョギング・ランニングコースが整備。1.63km、1.55km、1.05kmのコースがあり、非常に多くのランナーに親しまれています。つくば市内指折りのランニングコース。

コースにはウレタン舗装で身体に負担の少ないトレーニングが出来ます。沼や森林の間を縫うようにレイアウトで、走りながら四季の変化も十分に楽しめるコースとなっています。

歩道内側の「赤絨毯」がウレタン舗装。A、Bコースはウレタン舗装コースとなっている。
コースごとにスタート表示がある。スプリットタイム計測にも向いている。
コストはかかっているが無料使用できることは有り難いことなのかも。

プールのロッカー料金100円を払えば施設内のシャワーやロッカーを使うことができますので遠方から来る方も十分な走り込みができます。体力に自信のある方はプール料金でスイミングを追加できますね。

多目的コート

休日はほとんアド専用利用されていないため公園利用者に公開されています。子供さんとのボール遊びに向いている場所です。有償で貸し出すこともあるので芝の手入れも悪くありません。

サッカーコートも入る大きさ。冬季でも芝の状態は悪くない。夏場も定期的な芝刈りは行われている。

アスレチック

園内には無料で利用できるアスレチックがあります。多目的コートを取り囲むように20種類以上のアスレチックがあります。レベルは小学生向きと言えるでしょう。これも無料で使用できる。

無料ながらも本格的なアスレチック。多目的コートを周回するように配置。

遊具

子供向けの遊具が豊富なのもこの公園のメリットです。大小の大型遊具があり広め年令層に対応しています。防犯カメラも設置されているので親御さんも安心できると思います。とは言っても目を離さないで下さいね。

屋内プール

洞峰公園の中心施設で50mのコースが9本。ウォーキングやスイミングコースが別れています。水深は1.3〜1.5m程度。観客席130。屋内50mコースということもあり団体利用や大会の利用が有ります。日時によってはメンテナンス・工事のための休館や一部コースが貸切、スクールの場合もありますのでHP等でご確認下さい。

料金表(2019/2現在)詳細
区分 料金 時間 営業時間
大人 360円 2時間 4月〜11月:9時〜21時

12月〜3月:10時〜17時(休日)、10時〜18時(平日)

受付は営業時間終了の1時間前まで

中高生 210円
小学生以下 140円
大きな切妻屋根の屋内プール。中からの眺めも特筆。

体育館

バスケットボール(2面)、バレーボール(3面)、卓球(12面)、バトミントン(6面)で客席400席を備える。料金等の詳細はこちらをご確認下さい。

テニスコート

テニスコートは園内に6面。夜間照明にも対応しています。

8:30〜12:00 12:00〜17:00 8:30〜17:00 1時間までごとに 利用時間
テニスコート1面 1,020円_ 1,500円 2,350円 330円 4/1〜11/30:6:30-21:00

12/1〜3/31:8:30-17:00

飲食施設

敷地内のカフェやレストランは新都市記念館内にある「ひだまりカフェ」のみとなります。ドリンク類やトーストなどの軽食を取ることができます。つくばは「パンの街」としても有名です。敷地外になりますが「モルゲン」は敷地北側の道路沿いに、「クーロンヌ」は西大通りを挟み徒歩10分程度の圏内にある有名店です。

新都市記念館正面。向かって左側が喫茶、右側は市民ギャラリー。

買ったパンを公園内で食べるのもオススメです。

敷地内配置図

施設設計

公園内の体育館、プール、新都市記念館などの建築物は大高正人の設計。大高は建築家として活躍する一方、都市計画家でも活躍。当時は建築家が両分野で横断的に活動し建築と都市が不可分の関係にあることを示していた時代背景もありました。つくば全体の都市計画は大高が中心となり取りまとめたと言われています。

体育館とプールを側面から

市内の建築では、つくばセンター旧バスターミナル(解体後再開発済)、URつくば支社(解体済。corisつくばに建て替え)などがありましたが近年の開発により姿を消しつつあリ、この施設は保存が望まれます。

アクセス

つくばエクスプレスつくば駅から徒歩で約30分(約3km)。ペデストリアンデッキや遊歩道を通って行くことができます。つくばセンターよりバス(ひたち野うしく駅行き or つくバス(地域循環10コース))で10分程度、車で常磐自動車道桜土浦ICから15分程度。

駐車場

駐車場は北側と南側(西大通り側)にあリます(料金体系は以下の通り)。台数は300台近く有りますが、北側は一時的に満車になることもあるので確実に止めるのであれば南側をお勧めします。10分程度の利用であれば0円で出庫可能。

駐車料金(北、南)
時間(h) 料金(円)
1 100
3 210
4 310
5 410
6 510
7 620
8 720
9 820
10 930
24 1030
北駐車場。駐車間隔は広くないので注意。