雪ニセコ(Setsu NISEKO)

雪ニセコ(Setsu NISEKO)

建築

概要

北海道倶知安町町のグランヒラフエリアに190戸規模の大型高級コンドミニアムを建設中。2021年の完成を目指しています。

「雪ニセコ」はシンガポールの高級レジデンス開発会社「SCグローバル」が手掛けています。

場所

ニセコは標高1,308mのニセコアンヌプリの麓にあり、正面に蝦夷富士とも呼ばれる単峰・羊蹄山が構える雄大なランドスケープを持つ世界的リゾート。その麓に誕生する注目のコンドミニアムの一つです。建設地はニセコ町にある道道343号線沿い。ヒラフと言えば高級ホテルやコンドミニアムが立ち並ぶニセコのセントラルエリアとして知られています。

ニセコの高級ホテルやコンドミニアムはスキー客を当て込んだ「スノーイン、スノーアウト」が一つの開発目標となっています。

ニセコアンヌプリを斜面とするグランヒラフは至近にあり、スノーアクティビティを存分に楽しめるロケーションとなっています。

建物概要

建物の設計はW architect、久米設計、フィールドフォーによる設計チーム。W architectは海外の設計事務所。久米設計は国内大手の設計事務所、フィールドフォーはインテリアやランドスケープを中心としたデザイン事務所。建物の規模は地上6階建ての戸数190と公表されており、ニセコでも大型のコンドミニアムとして位置付けられます。

道道沿いの建設地。背景はニセコアンヌプリ、正面は羊蹄山ビューとなる。
敷地は眺望の良い開けたヒラフの一等地にある。

和をテーマとした繊細で上質な空間

各室からはニセコアンヌプリや羊蹄山など配置に応じた最高のビューが確保され、リビングや和室、寝室などホテルライクながらも障子や畳、木のインテリアなど和の情緒が多分に感じられる空間設計がなされています。

190室のレジデンスはバリエーションに富んでおり、スタイルに応じて約40〜170㎡のタイプが用意されています。

分譲主体である模様ですが、近隣のSKYE nisekoのように一般向けに一時利用が可能な形式の室があるのかなどは分かっていません。

雲のようなコンドミニアム"SKYE NISEKO(スカイニセコ)"

概要 北海道倶知安町にあるコンドミニアム型のラグジュアリーリゾートホテル。様々な…
iskaa.net

ニセコエリアには高級ホテルのオープンが続く

同じく2020年冬には東山のニセコヴィレッジ内に「ザ・リッツカールトン・ニセコ」がオープン予定となっています。

2020年12月15日オープン"東山ニセコビレッジ・リッツ・カールトンリザーブ"

概要 北海道ニセコ町。スノーリゾートを中心とした「ニセコビレッジ」に国内6例目と…
iskaa.net

リッツ・カールトンはスキー場直結のスノーリゾートを売りとしたラグジュアリーホテルです。

ニセコアンヌプリの隣、藻岩山麓のモイワエリアには「アマンニセコ」が開業予定です。

"2023年オープン予定"アマンニセコ

概要 アマンリゾートは北海道ニセコ町のモイワエリアに「アマンニセコ」を開発するこ…
iskaa.net

雪ニセコと同じ道道343号線沿いには「楽 水山」が2020年冬にオープン予定となっています。

2020年12月オープン予定"ニセコ樺山の里 楽 水山"

概要 北海道倶知安町町の国道343号線沿いに僅か18室の低層型ホテルを建設中。2…
iskaa.net