“安藤忠雄改修設計”国際こども図書館

“安藤忠雄改修設計”国際こども図書館

建築

概要

「国際こども図書館」は東京都台東区上野公園にある国立国会図書館の支部として2000年に開設された図書館。旧帝国図書館をリノベーションし、現在は児童向けの国立図書館として運営されています。「東京都選定歴史的建造物」に指定されている建物は極力保存しながらも、安全性を高める工事が行われ「こども図書館」として再生・活用が図られました。

"文化の森"にあるスターバックスコーヒー上野恩賜公園

概要 「スターバックスコーヒー上野恩賜店」は東京都台東区にある上野恩賜公園内にあ…
iskaa.net

設計

改修設計者は安藤忠雄建築研究所と日建設計の共同設計。安藤忠雄氏は日本のみならず世界的な活躍により、高い評価を受けきた建築家。独学により建築を学んだとされ、1970年代にコンクリート打ちっ放しの個人住宅を中心に作品を生み出しました。

出身である関西エリアを中心として活動を始め、その作品は全国、そして世界に広がりました。日本国内での人気はさることながら、海外における知名度、人気の高さは非常に高いものがあります。90年代には、その実績からイエール大学、ハーバード大学、コロンビア大学の客員教授を歴任し、1997年には東京大学建築学科教授に就きました。学歴ではなく建築作品という実績一本でその職に就く事実からも安藤氏の並外れた建築に対する姿勢や実作の持つ力が高く評価されていることを物語っています。

東京都内では「表参道ヒルズ」、「DESIGN SIGHT」、「東急東横線渋谷駅」、「東京大学・情報学環 福武ホール」、「東急大井町線上野毛駅」、「東京アートミュージアム」、「調布市せんがわ劇場」など実作多数。

改修案件は珍しく、現在パリの歴史的建造物である「ブルス・ドゥ・コメルス(商品取引所)」を現代美術館に改修する工事が行われています。

図書館としては「こども本の森 中之島(大阪市)」が2020年3月にオープンしているほか、「十和田市教育プラザ(青森県)」、「新潟市立豊栄図書館」、「絵本美術館 まどのそとのそのまたむこう(福島県いわき市)」などがあります。共同設計者の日建設計は国内最大手の建築設計事務所。

旧帝国図書館は文部省(現文部科学省)の技師であった「久留正道」らによって設計されました。

建築の特徴

旧帝国図書館をレンガ棟とし、その内側に新たにアーチ棟を2015年に新設しています。レンガ棟は灰色の白丁場石、ベージュ色のレンガはフランス積みにより構成され、ネオ・ルネサンス様式によりまとめられています。

「レンガ棟」と言われるほどレンガが目立たない印象を与えますが、建物は鉄骨補強煉瓦造で、内部には赤煉瓦が構造要素として積まれ、鉄骨梁で受けている点で煉瓦の塊であることが分かります。

その建物の価値を極力保存しながら安全面では免震構造が採用され、意匠面でも保存を意識しつつ、エントランス廻りと中庭のガラスボックス(カフェテリア)と中庭に面した2階のファサードにかけられたガラスカーテンウォール(ラウンジ)により新たな価値が付加されました。

旧帝国図書館のファサードを極力保存。正面はエントランスのガラスボックスだけが新たな要素となった。
サッシは現在の空調要件に合わないため、複層とした新たなサッシに置き換えられている。

アクセス

JR上野駅より上野公園経由で徒歩10分。