道の駅ましこ ”レストランましこのごはん編”

道の駅ましこ建物編に続きレストラン編をお送りします。建築のブログが調子に乗ってなに食レポしてるんだ?と言われそうですが、せっかく行ってきましたのでお付き合い下さい。

「ましこのごはん」は「道の駅ましこ」内にあるレストランで地場産の食材をふんだんに使ったメニューを提供しています。

メニューは道の駅ということを考えると全体的に割高感はありますが、ほぼ全ての材料が地場産であること、定食のごはんと味噌汁がセルフサービス(おかわり自由と解釈)と考えると決して高いとは言えないでしょう。デニーズで頼んでも同じくらいの価格帯かと思います。

セルフサービスのごはんは益子産、味噌汁の味噌も益子産です。味噌はマルシェでも売られているものですがこれが風味豊かで非常に美味しいです。具も豊富で根菜の旨味が十分にでています。

茶碗や大皿、湯呑みなどの食器はもちろん「益子焼」。食事も焼き物も楽しめます。

定食メニュー。売りは「ましこのごはん定食」。スムージー付き。スムージー無し版もあるといいですね。
レギュラーメニュー
昼以外の時間はカフェメニューとなりスイーツや主に軽食の提供になる。
チキン南蛮定食1,100円。チキンには自家製タルタル。ごはんと味噌汁はセルフサービス。鳥の産地は表示なし。
ローストポーク丼。こちらは味噌汁セルフサービス。このローストポークは非常に柔らかくトロける感じでタレも好みの味。肉の量も十分。
お子様ランチ。いわゆるカレーライス。おかわりはできないので700円はちょっと高めでしょうか。カレーの器は少し食べにくそうだった。

食材から食器まで益子を堪能できますし、ほぼ全ての席から外の景色が楽しめます。益子焼きのある益子地区の食堂は観光客向けのところも少なくありません。休日は席待ちとなりますので早め時間の利用をお勧めします。

レストランは建物内で一番良い場所が割り当てられています。