ジャストワン 富士小山 “宿泊レポート”

2018年12月22日にジャストワン富士小山がオープンしました。早速、宿泊する機会がありましたのでレポートします。ジャストワンは裾野に次ぎ2店舗目のオープンとなります。

アクセスとホテルの特徴

場所は東名高速に面していて、下りを走っていると左手に見える位置にあります。御殿場アウトレットからは5km圏内、日帰り温泉のあしがら温泉から300mほどの場所です。静岡県小山町にあります。

Google mapには登録済みでしたが、車のナビは未対応だと思いますのでご注意ください。

売りはリーズナブルなビジネスホテル並みの価格帯ながら富士山ビューと大浴場を備えた廉価版のリゾートホテルと言えるでしょう。エントランスに入ると富士山側に開いた大開口が迎えます。ビジネスホテルですと必要最小限の広さですが、このホテルは広々とした造りとなっています。

十分な広さのロビーからは富士が正面に映る

部屋構成と部屋からの眺め

部屋は162室で2階から7階までにレイアウトされてます。じゃらんの諸元によれば、シングル、ダブルともセミダブルベッド利用、ツインは富士山、山側で若干ベッド幅、面積が異なるようです。

室は今どきのカード式。この部屋のツインはベッド幅1m。クローゼットは区画されていません。テレビは32インチ程度で室の大きさからみて十分な大きさ、椅子は2脚あり小さいですがテーブルもあります。食事を買ってきて景色を見ながら食べるのも悪くありません。夏季であれば日も長いのでサンセットで夕食もいいですね。

グレード感はビジネスホテルレベルだが内装は茶色をクロス、カーテン、机などに配色し落ち着いた雰囲気としている。ハンガー掛けがやや貧弱な感じがあり。

 

部屋からの眺め。部屋からの眺め。富士山の真正面に位置する。数分で富士を取り巻く雲の様相は変化してしまう
ユニットバスは広くはないが大浴場があるのでこの程度で十分。便座暖房が効かない。

天然温泉

大浴場は全面ガラス張りで天気が良ければ富士山一望。洗い場は10ほどで天然石で区間されていますので安心して使えます。時間制限はありませんのでいつでもゆっくり入れます。団体客で込み合う時間をフロントで教えてもらえましたのでほぼ貸切で入れました。

天然温泉の成分表が平成16年となっており申請者が小山町となっているので、近くの「あしがら温泉」から引き込んでるのかもしれません。あしがら温泉にも行ったことがありますが、クセがなくサラっとした泉質です。温度表示はありませんが40度~40.5度くらいではないでしょうか。熱すぎず、ぬるすぎずといったところで丁度よいです。

湯上りスペースからの窓からももちろん富士山が眺められます。自販機はアルコール、清涼飲料、アイスがありました。ビールは一番搾りで確か270円/350ml、氷結などもあります。アイスはサーティーワンアイスクリームの自販機でした(セブンティーンではありません)。これは初めて見ました。

 

自販機や製氷器、レンジなどが配備されている。もちろん窓から富士山が見える、はず。
屋外にある温泉タンクから十分な湯量が供給できることが伺える
エレベーターホールから山側を眺める。富士山側と反対側の部屋のビューはこんな感じ

食事

徒歩圏内には店がなにもありませんので必要な物は御殿場市内などで買って行きましょう。今回は利用しませんでしたが、夕食1,800円、朝食900円のビュッフェもありますので安価に「一泊二食付き」を楽しむことができます。

価格帯

部屋は1人利用で8,000円〜、2人利用で4,000円〜という価格なので「一部屋」あたりの価格とみていいでしょう。2人の利用が前提であればかなりお得なホテルだと思います。特に富士山側の部屋はリゾートホテルにも劣らない眺望です。

富士周辺はインバウンド需要が高く、当ホテルも例外ではないようです。チェックイン時に「今日は外国人団体客がこの時間に来てこの時間に帰る」という情報を提供してもらいました。思わぬところで団体客の混雑に巻き込まれることは個人客にとっては安心できないため、このサービスは本当にありがたいと感じました。

車以外のアクセスは東名高速足柄PAバス停から徒歩7分。路線バスは無いようですが、近くのあしがら温泉にはコミュニティバスが止まるようです。車の方は富士山周辺や箱根への拠点として、またアウトレットからも近いので買い物帰りなどにも丁度良いですね。周辺にゴルフ場も多く、富士スピードウェイからも近いので特化した使い方もできますね。確実ではないのですが東名足柄PAに駐車して利用するということもありえるのではないでしょうか

まだ開業して間もないということやオンシーズンではないことから目立っていませんが、1年も経てば相当の集客が見込まれると思います。

ロビーは広さに加えてインテリアのグレードを高めている。